借金の返済に困ったら自己破産しかない?

キャッシングベスト3

【助けて】借金の返済がどうしても出来ないと、自己破産しかない?

Q. 消費者金融などでお金を借りていましたが、返済するためにまたお金を借りる…ということを繰り返して、とうとう自分では支払えないくらい大きな借金になってしまいました。全部で820万円あります。自分の力ではどうしようもないので自己破産しようと思いましたが、自己破産は職業の制限があったりするようで不安です。自己破産以外に借金を減らす方法はないでしょうか?

A. 借金を返済するために借金を重ねるのは、多重債務に陥りやすい一番悪いパターンです。自分が返済できないほどのお金を借りる時点で危機管理能力があまり高くないのではとお見受けしますが、今後同じようなことになった時は「払えない」と思った時点ですぐにしかるべきところに相談するなりしたほうがいいでしょう(次はもちろん無い方がいいに決まっていますが)。

質問者様が仰るとおり、自己破産は今抱えている借金が帳消しになるメリットが取り上げられる一方、それなりのデメリットも存在します。家や自動車(一定条件を満たした古い自動車を除く)をお持ちの場合、必ず手放さなければなりません。また、官報という国が発行する新聞のようなものに破産者として名前が記載されます。また、つくことができる職業に制限があり、宅地建物取引主任者など一部の職業には就けません。

よく「破産すれば借金を払わなくて良くなる」と思い込んでいる方が多いのですが、必ずしも破産することと借金がなくなることはイコールではありません。裁判所にて借金を帳消しにしてもいい理由(免責理由といいます)があるかどうかが重要です。今回の質問者様のように、借金を返済するために多重債務になってしまったのであれば免責にはなると思いますが、ギャンブルでお金を使いすぎて借金が膨らんだ場合や、実際に貰っている以上の収入ということにして(嘘をついて)多額の借金をした場合は免責されない可能性が高いと言われています。

自己破産に不安があるのであれば、任意整理か民事再生を行った方がよろしいかと思います。任意整理は借金をした当時にさかのぼり適正な金利で支払う額を再計算し、差額を支払わなくてよくなるように交渉する方法です。自己破産と違い、職業の制限や家財道具の引き渡しなどはありませんのでこれまでの生活を続けていくことが可能です。注意点として、グレーゾーン金利時代の金利で貸し付けられていた場合は大幅な減額が見込めますが、現在の法律にならった金利でお金を借りている場合それほどまでに減額は見込めません。民事再生は裁判所にて借金の減額を認めてもらう方法です。任意整理を行っても返済が厳しい場合、持ち家がある場合に利用されます。借金がなくなることはありませんが、大幅に減額が見込めます。3年かけて残りの借金を返済していくことになりますので、安定した収入がないと行うことは出来ません。

これら2つは個人で行うのは大変ですので、弁護士などに頼むのがいいでしょう。法テラスなどで相談してみたらいいかと思います。細かくはご自分でお調べになって、どの方法が一番自分に最適か検討なさってください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【審査のゆるいカードローン】はここにある!驚きの体験談有 All Rights Reserved.