消費者金融よりも銀行を選ぶメリットは?

キャッシングベスト3

【教えて】消費者金融より銀行のカードローンを選ぶメリットはある?

Q. 沢山の銀行がカードローンを出していますが、消費者金融のカードローンとくらべても金利が特別低いわけでもないので違いがよくわかりません。消費者金融ではなく、銀行のカードローンを選ぶメリットって何かあるんでしょうか?

A. たしかに、銀行のカードローンは消費者金融のそれと比較しても大きく金利が変わることはありません。3%以上金利が違う商品もありますが、口座を持っている人を対象にしている場合も多いですし、わざわざカードローンのために口座を作るのは面倒です(それでも、少しでも金利を低く借りたいという人は口座を作るとは思いますが)。銀行のカードローンといっても、その実運営部分は消費者金融にまかせているところもあります。名前だけ銀行が貸している状態、とでも言えばいいでしょうか。消費者金融がやってるなら自分のところでやればいいとも思えますが、やはり名前が重要ということですね。

考えてもみてください。同じ金額を借りているとしても、「消費者金融からお金を借りている」と言うのと「銀行からお金を借りている」というのでは、受ける印象が違ってきませんか?中身は同じでも、外側が違えば受ける印象は変わってしまうのです。性格や年収が近ければ、よりイケメンの男性を選ぶ心理のようなものです。消費者金融は未だにアンダーグラウンドな、信用出来ない、危険だといったイメージが多くの人の中にあることも事実です。それは年齢層が高くなればなるほど強くなっていると考えます。

しかし、銀行は昔からイメージが大きく変わっていることはありません。沢山の銀行が合併しましたが、いまだ信頼できる、安心できるといったイメージが人々の中に根付いているのもまた事実です。ですので、お金を借りている自分が「消費者金融から借りた」ことでなんとなく後ろ暗いイメージ、気持ちを持ってしまうことに対して銀行であればそれほど後ろ暗さを感じることはないという部分もあるのでしょう。やっていることは借金ですので一緒なのですが、イメージというものはそれだけ重要ということですね。

また、地方銀行の一部では取引を多くしている(公共料金の引き落としに使用している、給料の振込に利用しているなど)場合金利が優遇されるサービスを行っているところもあります。こういったものは消費者金融には行えないサービスであり、自分がよく利用している銀行を選ぶメリットとして大きなものでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【審査のゆるいカードローン】はここにある!驚きの体験談有 All Rights Reserved.